終了したコンサート

過去のイベント案内 | 2009.7以降 | No.1~No.63 |

  • NEW
  • オススメ
商品コード:

大阪会場

Duo HIBIKI(東桂子 赤松林太郎)ピアノリサイタル
衝撃のピアノデュオ 再結成

販売価格(税込) 3,000 円
ご希望日 2011年7月
ご希望時間
枚  数

販売は終了致しました。

日程

~日程~
2011年7月30日(土)16:00~

[料金]¥3,000(税込)
全席自由席

[出演]
ピアノ:赤松林太郎
ピアノ:東桂子

[後援]
(社)全日本ピアノ指導者協会
日本音楽表現学会

プログラム

ガーシュイン/ラプソディ・イン・ブルー

ラヴェル/マ・メール・ロワ

ストラヴィンスキー/春の祭典

東桂子 Keiko Higashi ,Piano

大阪生まれ。ピアノを梅野安見子、クラウディオ・ソアレス各氏に師事。高校卒業後に渡仏し、NHKスーパーピアノレッスンで好評を博するフセイン・セルメット氏の薫陶を受ける。1997年Music and Earth国際音楽コンクール(ブルガリア)にて第一位、2004年アルス・ノヴァ国際ピアノコンクール(イタリア)にて第一位、2005年マドレーヌ・ド・ヴァルマレート国際ピアノコンクール(フランス)にて第一位、2010年マニフィカート・ルピエ国際音楽コンクールにて第二位、モンタルト市国際音楽コンクールにて第一位を受賞。
パリ・エコールノルマル音楽院においてA.コルトーの助手であったジャン・ミコー氏のもとで研鑽を積み、2007年に同音楽院ピアノ科高等演奏ディプロマを取得する。並行して国立音楽学校に学び、専攻楽器において金メダルを得、2007年にフランス音楽教育修了ディプロマを取得する。
ソロ活動のみならず室内楽の活動にも意欲的に取り組み、2003年パリ・エコールノルマル音楽院の室内楽高等演奏家ディプロマを首席取得。同年、若いピアニストのためのローマ国際ピアノコンクール一台四手部門において第二位、2003年にはパリ国際ピアノ大賞本選会一台四手部門において最高位を受賞する。
より深く多角的に音楽を学ぶため、2002年国立パリ第四大学ソルボンヌに入学、音楽学部音楽史専攻に在籍し、2005年に学士号を得て卒業。
これまでに関西を中心とした日本、フランス各地、モナコ、スペイン、ドイツ、イタリア、ブルガリア、ルーマニアなどで演奏。
2011年に14年のフランス生活より帰国、日本に活動の拠点を移す。

赤松林太郎 Rintaro Akamatsu ,Piano

1978年大分生まれ。2歳よりピアノとヴァイオリンを、6歳よりチェロを始める。神戸在住の幼少時より多くのコンサートに出演し、小学4年生の時には自作カデンツァでモーツァルトの協奏曲を共演する。札幌に移った翌1990年に第44回全日本学生音楽コンクールで全国第1位・野村賞をおさめたのを皮切りに、国内の数多くのコンクールで次々と優勝を重ねる。1993年には仙台市教育委員会より平成5年度の教育功績者に表彰される。2001年に神戸大学を卒業した後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノ・室内楽共に高等音楽家課程ディプロマを審査員満場一致で取得(室内楽は全審査員満点による)。これまでにピアノを熊谷玲子、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、フランス・クリダ、ジャン・ミコー、ジョルジュ・ナードル、ゾルターン・コチシュ、室内楽をニーナ・パタルチェツ、クリスチャン・イヴァルディ、音楽学(西洋音楽史)を岡田暁生の各氏に師事する。2000年に第3回クララ・シューマン国際ピアノコンクールで日本人初となる上位入賞を果たし、ドイツ国営第2テレビのドキュメントが放映されて、世界的音楽学者Dr.J.カイザー、M.アルゲリッチやN.フレイレ等に賞賛される。その時のライヴ録音はドイツよりCDでリリースされる(シューマンのピアノ協奏曲)。その後もフランス、イタリア、スペインの十指に余る国際コンクールで優勝や上位入賞を続けて、フランスの音楽雑誌 "Piano" 2003-2004年号でその受賞一覧が紹介される。デュッセルドルフ、パリ、ブダペストのヨーロッパ在住中から精力的な演奏活動を始める。2000年にサンクト・ペテルブルク国際音楽祭「白夜祭」、2001年にデュッセルドルフ「若い音楽家シリーズ」、2003年にパリの名門ホール サル・ガヴォーにおけるガラ・コンサート、またサン・メリ教会でのパリ・デビューリサイタル、2004年に第6回別府アルゲリッチ音楽祭における開幕コンサート、2005年にブダペストで日・EU友好交流年行事として開催されたリサイタル、2006年にブダペストの旧リスト音楽院でのリサイタル、2007年にブダペストの新国立コンサートホールでのリサイタル、伊フラスカーティでのリサイタルなど。同年秋に東京でロイヤルチェンバーオーケストラとの共演でデビューした後、2008年にはロイヤルメトロポリタン管弦楽団のニューイヤーコンサートで、西本智実氏との共演でチャイコフスキーのピアノ協奏曲をツアー公演。2010年にはコロンビアの首都ボゴタにて、国立ロス・アンデス大学の招聘を受けてリサイタルを行う。国内各地の主要ホールはもとより、アメリカ、ロシア、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、台湾、コロンビアなどを公演で廻る。有名オーケストラのメンバーとの室内楽なども展開、協奏曲の幅広いレパートリーにも支持がある。現在は年間40回以上の国内外での演奏活動を続けながら、全国各地での講座や公開レッスンも多く、ホールのプロデュース、国内外での審査員も務めている。新聞やミニコミ誌、美術誌(別冊太陽)への執筆多数。日本音楽表現学会、日本フォーレ協会各会員、全日本ピアノ指導者協会正会員。2010年度PTNA新人指導者賞。

オフィシャルサイト http://rintaro-akamatsu.com/